SFAの導入の目的と将来の発展

SFAの導入のメリットということでは、今までの会社の経験値をそのレベルで固定化出来るということがあります。そのレベルを新しい出発点に出来るということですが、それは見えない今までの会社のメリットを目に見えるように出来るということで、それを忘れたり、使わなくなったりということが少なく出来るということがあります。会社ということでは、長い期間会社として存続出来る会社はごく少数ということが言われています。それはどこかで躓いてしまうということですが、それは実力のある社員や伝統がわかっている社員が退職したり転職したりしていなくなり、全く別の名前だけ同じ会社になってしまうということもあるからです。有名な企業でも信じられない状態になったりするニュースが、最近とても多いように感じますが、内部が異質になってしまうということもあるので、出来るだけそうならないシステムも必要になります。

SFAの導入の目的と実際の業務

SFAの導入のメリットは非常に多いのですが、デメリットも存在します。それは作業が増えるということになります。人間は出来るだけ嫌なことはしたくないですし、面倒事も避けたいということになります。SFAの導入ということでは、デメリットとして、今までの管理作業以上の管理作業が要求されます。まず新しいシステムを覚えたり、やり方を変えたりですが、そんな時間よりも顧客に営業をかけたほうがより実績が上がると上司も本人も考えるということがあります。ですのですべてのシステムの作業が自動的に行われるのであれば、それは願ったり叶ったりですが、実際は本人たちが入力なり作業なりをしなければならないということがあります。その辺りを他の社員がサポートしたりするシステムがないと、誰も利用しなくなるということがあるわけです。ですのでその負担が少ないシステムの導入が良いとなります。

SFAの導入の目的と成果への近道

SFAの導入ということでは、出来るだけ成果が上がるように利用したいということがあります。その場合に重要なのは、利用する営業社員の作業を減らすようなシステムということが重要になります。それは顧客への働きかけがメインの業務が営業なのですから、その一番重要な部分の時間がさかれるようなシステムでは、何のための導入かわからなくなるということだからです。それらの工夫も導入前に考えておくということで、それらのシステムを導入自体が仕事とか目的にならないようにしないと、肝心の営業の時間が減り、そうなると営業成績も落ちてしまうということになりかねないということになります。そこも痛し痒しということですが、やはり生命線である顧客の折衝という時間や質を上げるSFAの導入ということにならないと、本来の導入の目的は達成されないということになります。