SFAの導入の目的と将来のビジョン

SFAの導入の目的ということでは、最初はぎごちない使い方をしていても、それが慣れてくると、無くてはならないアイテムになるということですが、その場合には、条件が幾つか必要なのではないかということがあります。会社がSFAを導入して、将来どのような姿になるのかというビジョンができていないと、それらの利用も宙に浮いたような状態になります。何のために導入したのかとか、営業管理だと他のもっと安価なシステムでも十分だったとかです。ほんらい上手く利用すれば、大きな成果が出るはずなのに、そうならないとかという場合には、結果がそうなっているのですから、必ず原因があるということで、それを理解していないので、そのような結果になったということにもなります。将来の会社の到達地点をそれらのシステムが具体的にどう貢献するのかを、特に利用する営業社員が理解していないといけないとなります。

SFAの導入の目的と可視化

SFAの導入の目的では、営業のような成果が分かるまで他の人達に理解できないような状況を可視化するという目的もあります。例えば会社の全社員が、SFAのシステムにアクセスして、売上の状況を把握し、ある顧客がもう少しで商品を購入するという段階にあり、その今の状況がわかれば、それに対してのサポートもしやすくなりますし、結果も分かりやすくなるということもあります。営業は一匹狼的な分野ですが、やはり人間ですのでメンタル面でのストレスなどもあります。それはひとりで負ってしまうということですが、それで自分を追い込んで成果を上げるということもあります。しかし組織的に成果を上げるサポートができていれば、あるいはもっと成果が上がるかもしれないということもあります。その為にも営業をリアルタイムに可視化出来るということが重要になります。

SFAの導入の目的と管理の把握

SFAの導入の目的ということでは営業担当者や営業部門のサポートということもありますが、状況の把握のための管理という目的もあります。企業の営業活動ということでは、結局は販売する製品なりサービスを売って、その収益で、その後の会社を経営して、また商品やサービスを販売していくということになります。最終的には売れなければしかたがないのですが、その管理ということが最終的に販売したという結果が出るまでわからなければ、計画の立てようもなく、体制を立て直すということもできないとなります。予測ができないということが一番の大きなネックになるということですので、それを他の社員が見ても把握出来るようにするということが必要になり、それが正確であればあるほど、会社の運営もやりやすくなるということになります。その為にSFAを導入するということになります。