SFAを導入する利点と欠点

SFAとは、営業支援システムの略で、営業の進歩状況などを管理するシステムです。利点は、商談の状況が一発で解るようになる事です。業界の調査や金額の交渉中などの段階に分けて、今どの段階なのかを見える化にする事が出来ます。他にも、お客様の希望予算や交渉中の金額などを登録すると、全体の状況を管理する事が出来るので便利です。また、上手く行ってない所は直ぐに解るので、原因を分析をして同じ様な状況の時に上手く行った参考事例を元にアプローチをすれば良くなります。欠点は、慣れるまでに時間が掛るので、やり方をマスターする様に講習などを開いて学んでもらう必要があります。それから、仕事が忙しくて入力を忘れたりしてしまう可能性もあるので、必ず入力する様な仕組みを作る事が大事になります。SFAには、色々な利点や欠点があるので、導入する場合には管理する人だけでなく、一般社員の声も聞いてから行った方が良いです。

SFAの導入の目的と営業支援

SFAの導入の場合にはケースバイケースなので、他の会社が導入に成功しても、同じものを導入して成功するものでもないということも言われています。重要なのは利用する思想や受け入れ体制や、システムを利用出来る人間のレベルの基盤などではないかということですが、例えば営業管理だけに利用しているということからマーケッティングに利用出来るように工夫していくということも重要になります。一例としては営業だけで共有していた情報、日誌や具体的な顧客管理の情報を、全社員の共有にして、営業の成果を上げるということで、会社全体の営業化を推し進めるとかです。業種にもよりますし、情報漏洩ということもありますから簡単ではないでしょうが、営業する担当者の顧客候補を集めるのが、営業の社員だけというのも非常に非効率ということになります。その補助もできそうなシステムです。

SFAの導入の目的と営業支援と役割

SFAの導入の目的ということでは、まず旧態依然とした会社の無駄を省いて、スリム化するということでの、会社内の情報の風通しを良くしていくとうことが重要ではないかということになります。会社自体が発展していくのには、何かを考えてアイデアを出して、それを現実化して、成果を出していくということになりますが、ある程度まで会社が発展しても、脱皮という作業が必ずあるのではないかということになります。例えば蛹が蝶になるような過程を何度か経るのが、多分会社組織が発展していく途中の段階なのでしょう。しかし芋虫の段階で、そのまま同じことを繰り返していたのでは、蛹になって蝶になることができません。あるいは蛹のまま終わるということもあり、脱皮が失敗するという場合もあります。その過程を手伝うのがSFAの導入の目的ということでもあります。