SFAの導入の魅力とは何か

企業における営業活動も、自社の商品の情報と、商談中の顧客の情報等、情報のやり取りによって進みます。商品の情報と顧客の購買意欲の情報をどのようにマッチングさせて商談を成立させるかに掛かっています。その為には、営業活動における情報の流れをリアルタイムで受け取り、処置して商談をうまくまとめる必要が有ります。従来の営業活動のように、営業マンだけが顧客情報を持ち、営業マンの報告後に初めて上司が営業活動を知り、顧客情報の把握はそれからでした。顧客の情報を含めて、営業活動に必要な情報をリアルタイムで把握し、リアルタイムで対応する必要が有ります。このような観点から出現したのが、SFAです。セールスフォースオートメーションのことです。最近、企業でSFAシステムの導入が進んでいます。営業マンは、情報携帯端末を帯行します。顧客との商談結果をその場で、上司に報告が出来ます。商談中に行き詰ったら、報告し、上司からすぐアドバイス野指示をもらうことが出来ます。情報を共有出来るために営業活動での商談成立をさせるためにもたいへん効果が有ります。



SFAが導入されている理由とは何か



従来の日本の企業の営業活動での問題点は、自社の商品の売れ行きや、商品に対する顧客の反応等の顧客情報は、殆ど営業マンが持っており、営業部は営業マンからの報告が揃ってからやっと、営業実績や営業での課題等が分かります。営業実績は、営業マンの力量に掛かっていました。営業活動を効率的に進めるためには、営業マンが顧客と行う商談の結果や、商談で発生した課題や問題等がタイムリーに営業本部に伝わることが必要です。このような事に対応するために出来たのが、SFAです。アメリカで生まれました。セールスフォースオートメーションのことです。営業マンは携帯の情報端末を持って仕事をします。商談結果や商談での行き詰まりは営業マンから情報端末を使って営業本部に伝えられます。情報が共有化されているので、商談中に発生した問題や課題等に、上司や、関係部門からアドバイスや指示が送られます。商談の行き詰まりは解決し、無事、商談が成立する可能性が出来ます。従来の方法での営業では、商談中に発生した課題や問題は、上司に報告後、上司からの指示待ちとなっていました。SFAではその場で解決出来ます。営業活動の動きがリアルタイムで分かり、対応がすばやく出来るために効率的な営業活動が可能になります。



SFAとは営業支援システムのことです



SFAは営業支援システムのことです。SFAを導入することで、よりスムーズに仕事をすることが可能となり、収益の向上にもつながります。具体的には、顧客リストや営業の進行状況、売上などをコンピューターシステムによって一元管理します。これによって、特定の顧客について営業の状況などを社内で共有することが出来ます。その為、同じ顧客に同じ内容の営業をするといったことも無くなり、その顧客に対する次のアプローチを立案しやすくなります。また、売上などのデータを解析することによって、販売計画に活かすことも出来ます。そして、経理などの事務処理などともつながっているため、金銭のやりとりなどもよりスムーズに行うことが可能です。最近では、より簡単に、誰でも使用出来るようなソフトなども販売されています。また、スマートフォンなどが利用出来るSFAもあります。

今月の着地見込を管理できていますか。行き当たりばったりな営業をしていませんか。SFAを利用してナーチャリングをしっかりとやりましょう。 SFAに入力するのに時間がかかりすぎて、本来の業務に割くべき時間を圧迫していませんか。それでは本末転倒です。 ネクストSFAは誰でもが簡単にストレスなく使えます。初めてのSFAやお使いのSFAに不満がある方にぴったりのSFAです。 SFAならネクストSFAというツールがおすすめです。